HOME> スタッフブログ> 『空間デザイン』

Staff Blog スタッフブブログ

2019.01.29

ブログ

『空間デザイン』

本川亮介

はじめまして!苫小牧で現場監理・モデルハウス設計を担当しております建築部の本川と申します。

まず最初に、どこのどういった土地に建てようとしているかでおうちの間取りやデザインが大きく異なります。

土地の大きさや法律的な制限、金額面など色々な制約がある中で、自らの知識・技術・経験を駆使して

最大限の提案をするのが建築設計の魅力と感じます。

そこで、モデルハウスなどの設計初期段階にやっていることが毎回ではないですが、下記のような空間イメージをラフで描き

細かい部分の造作イメージを各担当者との打ち合わせの中で詰めていく作業になります。

(設計初期段階)

(上記はの写真は苫小牧の現在公開中の王子ガーデンモデルハウスのラフイメージパースです)

平面プラン・外観イメージ・内観イメージを同時並行で考えながら進めていくのですがどれか一つを仕上げてからとなると、

後々不都合な修整をすることも多々あるので(※あくまで、僕個人のやり方ですが…。)

(完成写真)

あとは、最初に想定したイメージに寄せていくだけなので職人さんとの綿密な打ち合わせと、完成イメージの共有で出来上がりを待つのみです。

おうちを考えはじめたときに考える意識が間取りや、外観、設備品にとらわれがちになってしまいますが

実際住むのは空間になりますので立体的な空間デザインイメージをお互い共有してすてきだと思われるおうちを一軒でも多く

つくっていきたいなと思います。

 

本川亮介