GALLERY施工ギャラリー

XIE[クロシエ] 奥様の理想のキッチンを実現した家事ラクの家【千歳】

家を建てようと考えたきっかけは、「お隣を気にせずに伸び伸びとお子様を育てたい」、そして「小学校に上がる前に自分の部屋を用意してあげたい」と考えたとのこと。

住研ハウスの住宅を初めて見たのは、近所で開催されていた住宅会社の合同イベントに足を運んだ時。住研ハウスの印象は、「きれいで豪華」だったそう。当初はご実家をリフォームして2世帯で暮らすという案もあったそうですが、たまたまご実家の近くで土地を購入できることになり新築をご決断されました。当時は空き地も比較的多いエリアだったそうですが、「付近の土地がどんどん売れてなくなっていくので少し焦った」そうです。

住研ハウスのオーナー様から長所・短所も聞き、ご友人のおすすめもあって当社でご新築いただくことになりました。

家を建てる際に奥様が一番こだわったポイントがキッチンでした。特に「パントリーは絶対条件」だったそうです。キッチンとリビングは壁や吊戸棚などの仕切りをなくして開放的な空間であること。ガスコンロの前は油ハネなどを防ぐガラス製の仕切り、キッチン天板もダイニング側からカウンターとして使える大きなサイズのもの・・
「キッチンからユーティリティーが隣接していて、食器洗いなどの後片付けからお洗濯などの家事動線が最小限なのもお気に入りポイントです。」

ご主人からはご近所の妹さんご夫婦が遊びに来た時など子供だけで6人集まることもあるそう。「全員で気兼ねなく遊べるように1階洋室の引き戸を開放して広く使えるように」プランを考えられたそうです。

ご夫婦おふたりとも本を多くお持ちなのですが、本は意外と重量があるので、耐震性・耐久性・デザインを考慮して本棚をオーダーで製作されました。「実は1階のTV台やダイニングのカウンターも同じ素材で作っていますので、デザインにまとまりが出てとても満足しています。」とのこと。

細かいところですが、玄関ホールからリビングに入るドアは幅の広いものにしています。「大きな家具や大型の冷蔵庫など引越しの時に助かりました。」高気密住宅の長所を活かすため、「引き違いの窓を付けたくなかったので良かったと思います。」

打合せの時には内観のイメージ図を提案してもらったのが役に立ったそう。いくつかの提案から自分たちのイメージに近いものを選んで決めていくことができたとのこと。

失敗したかなと思うところは「ポーチをもう少し大きく作れば良かった」という点です。風除室を後からつけることにしたのですが、濡れた傘をひらいて置いたり、除雪道具を置いておくためには少し手狭です。それから「玄関の向きを西側にしたため、夏は玄関ドアがとても熱くなってしまいます。」当初は西向き玄関になっていないプランの提案を受けていたのですが、間取りを考えているうちに西向きになってしまいました。

「これから新築を考えている方の参考になれば嬉しいです。」
機能的で随所にこだわりが満載のS様邸でした。

所在地千歳市延床面積127.33m²(38.51坪)
1F面積63.77m²(19.29坪)2F面積63.56m²(19.22坪)

PAGETOP

  • 本社
    苫小牧市新開町4丁目8-7
    TEL:0144-57-5711
  • 札幌支店
    札幌市厚別区厚別中央3条1丁目12−28
    TEL:011-807-9111
  • 千歳・恵庭営業所
    千歳市あずさ2丁目4-14
    TEL:0123-24-2700

フリーダイヤル0800-800-2290